勉強

安定して働ける仕事|公務員になるには試験対策をしよう

ウーマン

他の資格との関連も必要

保育士になるには、大学などの学校に通って卒業するか、国家試験を受験して合格するかがあります。学校を卒業して取得する場合は、国家試験の受験は必要ありません。4年制でも短大でも資格は取れますが、4年制だと関連資格なども取りやすくなります。

カウンセリング

生涯働きたい女性必見

言語聴覚士は1999年に誕生した医療系の専門資格です。就職率が高く出産や子育てなど普通ならマイナスに働く事が多い経験もプラスに行かせるうえ、当直や夜勤がないこともあって女性にも人気で養成する学校へ通う人も多くいます。生涯働ける道を探している人に検討して欲しい資格です。

男女

仕事以上の知識を得る

各会社で行う仕事は、会社によって異なります。すると、スキルアップにも限度が出てきます。ビジネス系の資格を取得することで、仕事では得られない知識や経験などを得ることが出来ます。高度な勉強の前段階として使うことも可能です。

公務員として働く道のり

女性

公務員の種類

公務員は会社員と違ってリストラなども無く、給料も安定しているためなりたい、公務員になるにはどうしたらいいかと考えている人は沢山います。専門職などを除く、一般の職員としての採用は、高校卒業後にすぐに就職する場合と短大、専門学校を卒業した場合、4年生大学を卒業した場合とで異なります。募集要項を確認し、自身の学歴に合わせて試験を受けることになります。また地方公共団体が管轄となる地方公務員と全国各地で異動があり、国営の施設の為に働く国家公務員に分かれます。地方公務員の場合は地方公共団体毎に異なりますが、公務員になるには採用される地域についての知識を多少なりとも頭に入れておかなければ次のステップに進むことができないという場合もありますので全く知らない地域は選ばない方がいいかもしれません。

基本的な試験内容

地方自治体によって公務員試験の形態や内容は異なります。公務員になるには最低限おさえておかなければならないのは一般教養、spiなどの筆記試験問題です。いくらその人の人柄が良かったとしても応募者全員を面接する時間はありません。そのため1次試験は筆記試験である程度の人数まで絞られます。大体の書店には公務員試験の筆記対策問題集が売られているので一冊以上はチェックして勉強し、毎年の傾向を学びます。また、公務員試験対策をしている専門学校もありますので、そちらで学ぶ方法もあります。2次試験は面接が入ってくる場合もあるし、小論文などを書かせられる事もあります。面接は自分をアピールすることが一番ですが、公務員になるには凝った質問内容に備えておくことも大切です。例えば地域活性化の為に必要な事を述べたり、住民との接し方について聞かれることもあります。